馬場奨励賞 管理・運営規則

2015年10月19日会長裁定

Ⅰ.馬場奨励賞として次の賞を置く。
 優秀論文賞:数学教育学会学会誌(以下学会誌)に掲載された優秀な論文に対する賞。
① 授与年の前年の1月1日から12月末日の間に発行された学会誌に掲載された論文(掲載されたすべての発表論文が対象となる)から特に優秀な論文の発表者(共同論文の場合は筆頭者1名)若干名対し1名につき6万円を授与する。優秀論文賞は同一人物に対し2 回を限度とする。
② 学会誌へ投稿された際に投稿者の年齢を学会誌編集委員会が確認し,次項Ⅱの条件を満たした投稿者の論文が学会誌に①の期間中に掲載された場合,そのすべての論文を自動的に馬場奨励賞の審査対象とする。

Ⅱ.対象者:
 論文投稿受付日に満年齢40歳未満の数学教育学会会員。

Ⅲ.審査:
 1月中旬から2月中旬までを審査期間とし、その期間における、会長・執行理事以外の理事7名と会長指名による代議員若干(10~15)名で審査を行う。
 各審査員は、評価が高い方から、A(高)、B、もしくは棄権のX を会長に報告する。ただし、最高のA については、その理由を箇条書きで説明すること。

Ⅳ.会長は審査委員からの報告をもとに高順位者から受賞者を決定し、当該年度の2月に開催する理事会に報告する。

付記:本賞の賞金は故馬場伊美子先生からの数学教育学会への寄付金を充てる。